就職試験では、能力テストの一環として一般常識問題が出題されることが良くあります。就職試験で出題される一般常識問題の難しいところは、難易度はそれほど高くなくても、範囲がとても広いので、事前の準備が追いつかないことです。様々なところから問題が出ますので、一般常識を勉強したいと思っても、就職活動をやりながらでは無理が生じてしまいます。就職活動を成功させるために一般常識問題の勉強を進めておきたいという場合は、できるだけ早く取り組んでおくといいでしょう。ちょっとニュースに関心がある人なら、誰でも知っているような内容を取り上げますので、問題の困難さはさほどではありません。色々なジャンルの話を聞いてきますが、詳しく知っている必要はないという利点もあります。問題のレベルが高くないと説明すると多くの人は安心するかも知れませんが、範囲が広いので対策には時間がかかります。それほど関門としては難しいものではないですが、ある程度は準備を済ませておくことが就職活動では大事です。一般常識問題は、過去問まとめた冊子などが出版されていますので、目を通しておきましょう。時事問題や、社会情勢なども問題に組み込まれますので、新聞を読む習慣などがテスト勉強がわりになります。過去に出た就職活動時の一般常識問題や、時事問題について、わかりやすく解説入りでまとめられている参考書もあります。普段から、テレビや新聞をチェックして、世の中の動きに興味を持つようにしていると、就職活動の時事問題にも対応できるようになります。