面接では、最後に何か聞きたいことはないかと聞かれる場合があります。一番入りたいと思っている会社の場合は、事前にいろいろ調べる過程で質問が浮かんだりします。ですが、第二、第三志望の会社の場合、聞きたいことと言われても、何も考えつかないことがあります。やる気がどこまであるかを知るために、面接の最後に質問はないかという聞き方をする企業もあります。実のある質問をすることができれば、評価はぐっと上がる可能性はあると言われています。企業紹介や、会社の業務内容などの資料を見て、その会社への理解を深めておくことが、いい質問をするポイントです。いざ聞かれてから慌てて質問内容を決めるのではなくて、事前にどんな質問をするべきかを検討しておきます。もしも、聞きたいことが1つもないという答え方をしてしまうと、やる気がない人というイメージを抱かれてしまいます。質問の有無はと聞かれた場合に、矢継ぎ早に質問をしろといっているわけではありません。自己アピールがわりの質問ばかりしていると、相手方は中身のない質問をしていると思ってしまいます。もしも質問をするなら、独自の視点に立っていることがわかるような、重要な質問をすることも有効です。受け答えをきちんとして、話の内容をメモするなどの傾聴の態度も示すといいでしょう。